遺 言 書 作 成

  

お気軽にお電話ください 0742-45-5169

 

今すぐメールはこちら

 

 

専門の行政書士が自筆証書遺言か公正証書遺言による遺言書の作成をお手伝いします。

 

「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「推定相続人の廃除」「遺贈」「遺留分」

「エンディング・ノート」「遺言執行者について」など、お気軽にご相談ください。

 

しばしばご相談をお受けしますが、「後継遺贈」については、現行民法においては

することができないので、このような場合もご相談ください。

 

 

【自筆証書遺言】

 遺言書の全文を自筆で書いていただきます(民法968条1項)。

 この場合、相続開始後に家庭裁判所で検認手続きが必要となります(民法1004条1項前段)。

 

【公正証書遺言】

 公証役場で口授することにより、遺言公正証書が作成されます(民法969条2号、3号)。

 立会人または証人2人の立会いが必要となります(民法969条1号)。

 この場合には相続開始後に家庭裁判所での検認手続きが不要となります(民法1004条2項)。

 

エンディングノート

財産権などの法的権利に限らず、思い出や家訓のようなものも

エンディング・ノートとして遺すことができます。

 

また、相続人以外の方に対しても、気持ちなど伝えたいことを遺す

ことができます。

 

上記以外のどちらでも出張いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 

お気軽にお電話ください 0742-45-5169

 

お気軽にお問い合わせください。

料金

 

◆◆自筆証書遺言◆◆  

  

 【総額】  54,000円~(税込み)

 

  内訳

 

  ■行政書士報酬  54,000円~

 

 

◆◆公正証書遺言◆◆

  

 【総額】  約15万円~約70万円(税込み) 

 

  内訳

 

  ■行政書士報酬 108,000円~(税込み)

 

  ■公証役場手数料

    

   ★公証人手数料

    遺言の目的となる財産の価額に対応する形で,以下のように定められています。

     (目的財産の価額)   (手数料の額)
      100万円まで      5,000円
      200万円まで      7,000円
      500万円まで      11,000円
      1000万円まで      17,000円
      3000万円まで      23,000円
      5000万円まで      29,000円
         1億円まで     43,000円

     1億円を超える部分については
       1億円を超え3億円まで 5000万円毎に 13,000円

       3億円を超え10億円まで5000万円毎に 11,000円

      10億円を超える部分  5000万円毎に   8,000円

     がそれぞれ加算されます。

 

   ※1

    財産の相続または遺贈を受ける人ごとにその財産の価額を算出し,これを上記基準

    表にあてはめて,その価額に対応する手数料額を求め,これらの手数料額を合算して,

    当該遺言書全体の手数料を算出されます。

   ※2

    全体の財産が1億円以下のときは,上記の算出された手数料額に,遺言加算として

    11,000円がさらに加算されます。

   ※3

    遺言の文字数によって証書代金も別途かかります。 

 

   ★立会人2人の報酬 21,600円~(2人分合計)

 

 

◆◆エンディング・ノート◆◆

 

 【総額】  32,400円~(税込み)

 

  内訳

 

  ■行政書士報酬  32,400円~

 

 

GNK総合行政書士事務所

行政書士 松本 慶信

〒631-0012 奈良県奈良市中山町1225番地

電話&FAX 0742-45-5169 メールはこちら

日本行政書士会連合会 登録番号 第11310587号

奈良県行政書士会 第 号 法務省 入国管理局届出済( )行18第 号